ZipZapとripple Wallet 統合

2013年10月8日アメリカの決済機関ZipZapとの統合を発表 日本ではオンラインショッピングの支払いはコンビニ決済で可能 だが、ZipzapのCashPaymentではコンビニ決済のようにオンライ ンショップでの買い物を、70万カ所以上展開しているペイメントセ ンターで、現金で支払える。センターに支払われたすべての現金 が当該のショップに入金されるため、これまでショップが顧客ごと に行わなければならなかった回収での手間やロスが省ける。何 より注目すべきは、金融機関から融資などを受けられないなど十 分な資金を保有していないショップでも、早いサイクルで運転資 金を獲得し、オンライン上でビジネスを継続していける点だ。格差 社会・移民社会の米国で18パーセント程度を占める「アンダーバ ンクト層」を主なターゲットとしており、これまで金融サービスを十 分に受けられなかった眠れる市場をビジネスに呼び込むことを 狙っている。

MONEY2020での存在感

2013年10月、その名が示すとおり2020年という近未来の金融・決 済サービスに焦点を当てたカンファレンスがラスベガスで開催さ れました。50カ国から1750の企業と450人以上のCEOを含む4500 人以上の参加者の中、創設者Chris Larsenがスピーカーとして招 かれ次世代の金融・決済サービスを担うプロトコルというテーマ でrippleが大変に注目を浴びました。

ビットコインのように発祥が不詳ではありません

創業者は金融の実践的プロフェッショナルで、過去に大きな実績があります! 創業者は、ソーシャルレンディングの米最大手Prosperを立ちあげたクリスラーセン。Prosperは、現Googleのシュミット会長(元アップル取締 役)やアクセルパートナーズ、セコイア等一流名門ベンチャーキャピタルからも出資を受けた、ユーザー数190万人以上、累計融資6.32億ドル を誇る世界でも有数のソーシャルレンディング会社です。 2005年には、経営していたオンライン融資会社、米E-Loan社を3億ドルで売却しているように、Paypalを含め連続して金融業界で成功している 実績があり、シリコンバレーの生ける伝説とまで呼ばれています。

開発者は、Bitcoinの初期の開発者であり、Mt.Goxを立ち上げたJed McCalebです

Jed McCalebは、一部では、ビットコインの論文を書いた、Satoshi Nakamotoではないかと噂される人物で、同時にBitCoinフォーラムの出資者 でもあります。 Bitcoinの初期開発者なのでBitcoinの長所も短所も知り尽くしている事もあり、リップルは長所を継承しつつ、短所はほとんど見当たりません。 Jed McCalebは、古くはeDonkeyというP2Pファイル共有ソフト・プログラムの生みの親でもあります。 かつては推定で4500万人-7000万人の利 用者がいたとされ、海外でもっともトラフィック量の多いファイル共有ソフトの一つでした。この様に、業界でも有名であり実績のある技術者が 開発に携わっております

ビットコインに対抗した、シリコンバレー発の由緒正しい仮想通貨です

Rippleは、ITの巨人グーグルだけでなく、ビットコイン財団や、近年最も良い業績を生み出しているAndreessen Horowitz、 FF Angel IV, Lightspeed Venture Partners, Bitcoin Opportunity Fund, Fortress Investement co...etcという、名だたるシリコンバレーのベンチャーキャピ タルが出資しています。 ビットコインは総数が約2,100万BTCと決まっており管理業者もないことから投機目的の資金が多く入り価格が安定しない。一方、リップルは 1,000億XRP存在し、市場がオープンしたらリップルの母体であるリップルラボによって、参入者や取引量の増減に応じて常に安定的な流通が 行えるように調整・管理される。