本日の販売レート (最新のレートにはShift+F5を押して更新してください)

¥ (1XRP)

支払に革命を!! – The Future of Payments

※日本語字幕は右下の字幕をONにしてください。

仮想通貨とは

物々交換を仲介するものはすべて通貨となります。 それが形のなったのが貨幣です。 お互いの価値が物々交換として仲介するものが石ころでも構いません。 日本の通貨である円はアメリカの通貨のドル、ヨーロッパのユーロ、中国の元、勧告のウォンなどと、Mt.Gox問題で話題になったビットコインがどう違うか正確な説明は不可能です。 価値の有効範囲(人口、取引量)で言えばビットコインより狭い通貨はいくらもあります。 円は日本銀行が発行し、価値を保証していますが、ビットコインなどの仮想通貨と同じで価値が変動したり、使えなくなったりすることももちろんあります。 もしも国債がクラッシュしたら、円の価値は大きく下がります。最悪の場合、何の価値も持たない、ただの紙切れになります。ジンバブエでは事実通貨はなくなりました。円ドルレートは頻繁に変わります。ビットコインなどの仮想通貨と同じです。ビットコインはコンピュータ上(ネットワーク上)の「仮想通貨」と言われていますが、円やドルも現実的に使用されているのはほとんどがコンピュータ上(ネットワーク上)のやり取りです。 貨幣が使われるのはほんの一部です。ビットコインなどの仮想性と変わりません。

rippleとは

Rippleは、他の仮想通貨と同じように通貨として売買が可能ですが、色々な通貨との引換券としての機能を持つことが大きな特徴です。

リップルは銀行振出小切手 (いわゆる銀行預手) のようなもので安全である (払い戻しの約束がなされている) という事です。リップルを運営するリップルラボス社が管理、運営するゲートウェイ (ネット上の仮想の銀行窓口と思って下さい) を通じてお金を預けることで電子手形 (リップルはこれを IOU と呼びます) が振出されます。送金したい人は、この電子手形をリップルのプラットフォームを使って、支払いしたい相手に送るだけです。相手先に送る時の認証システムとして高度に暗号化されたプロトコルを使うところがビットコインとの相違点です。

取引に使う独自の暗号通貨として ripple(XRP)を使っていますが、目的は分散化された取引ネットワークを 作ることです。
IOU(借用証書)という債務の利用を考え 方として採用しており、受け手が了承し てくれれば、いろいろな通貨で発行する ことが可能です。
これがrippleが純粋な暗号通貨ではなく、 取引プロトコルと言われる理由です。

Eメールが手紙の業界に、ナップスターが音楽の業界に、Youtubeが映像の業界に変革を与えてきました。 そしてソーシャルネットワークの発達によりFacebookやLINEなど、人との繋がりに変革が起こりました。 半世紀前にこのような世界が来るとどれだけの人が想像できたでしょうか。 インターネットの登場から私たちを取り巻く環境が大きく変わりグローバルになる中、通貨だけは大きな変革を 起こしていません。 半世紀後、海外との決済が現在と同じ銀行を介した手段でしょうか? rippleが当たり前に世の中に浸透している未来は、そう遠くないかもしれません。

一時1200ドル(120000円)を超えるラインで取引が行われていたbitcoin
bitcoinとは

bitcoinの欠点を補った初めての分散通貨交換システムとして
注目があつまっているrippleがすごいのです。